タグ:子供靴 ( 22 ) タグの人気記事

リコスタコラム更新!!その21-23

いよいよ2018年も僅かとなりました。

といっても、今日は温かすぎて少々気持ち悪い様にも感じられますが…

今週末にはまた冷え込んでくるそうなので体調にはくれぐれも気を付けたいものです。


さて、恒例のリコスタコラムが更新されました。

しかしながら、申し訳ございません。

此方の手違いで更新のお知らせが2つ抜けてしまっておりました。

ですので怒涛の3記事更新紹介です。


先ずは、21.シンデレラ」のお話しに込められた靴

無理に足を靴に合わせた姉は不幸に落ち、靴に足がぴったりだったシンデレラは幸せを掴みます。
童話の中の隠喩とは意味合いが少し少し変わりますが、靴も昔から合うものじゃないと駄目なことが分かりますよね。
童話の中の隠喩が知りたい方は、今までの子供にも優しい覚悟の上「本当に怖いグリム童話」をお読みください。


次に、22.アンドレセン先生の「足と靴」授業
ドイツには足と靴をテーマにした授業を行う先生がいらっしゃるそうです。
小学2年生の授業では、足の知識だけでなく自分で靴を発明する!という授業を行ったのだとか。
さすがドイツ。幼いころから足と靴を考える環境が整っています。


最後に、23.こんな子供靴屋さんが、あったらいいのに!
ロンドンの靴事情についての話しです。
デパートの子供靴売場でみていると、売場の隅にある箱からお客様が小さな紙切れを取って行くのです。
さて、この紙はいったい何なのか?
靴先進国といえる国が多い欧州の靴事情。
日本もお手本にしていかなければならない事が沢山あります。


駆け足でのご紹介でしたが、詳細は是非リコスタコラムをご覧くださいませ。

コラムはこちらから↓↓
それでは!!

[PR]
by fsc_honten | 2018-12-04 15:51 | お知らせ | Comments(0)

リコスタコラム更新!!その20

この度、北海道の震災と台風21号の被害に合われた方へ、心よりお見舞い申し上げます。
立て続けの被災に連日ニュースが流れておりますが、これから秋雨前線も影響を強めていくとか。
被災地へ被害が重ならない様に願うばかりです。



さて、恒例の子供靴ブランド「リコスタ」のコラムが更新されました。

今回のテーマは

サルヴァトーレが教えてくれたこと」

イタリアのファッションブランド、サルヴァトーレ・フェラガモ (Salvatore Ferragamo)
説明はいらないくらい有名なブランドですよね。
このブランドの始まりが靴職人だということはご存知でしょうか。

11歳で靴屋を開業し、
解剖学を学び、
美術性だけでなく機能性、
更には医療分野から見てもデザインされた革新的な靴を作り出した職人です。

そのサルヴァトーレ氏の自伝「夢の靴職人」に、靴と体の関係を示す出来事があるのですが
当初の大谷氏は信じられず眉唾だと思ったそうです。

足を損なう事の無い靴

足と靴がお互いが阻害することなく、良い方へ作用する。
そんな出会いを目指してこれからも進んでいかなければ!


コラムはこちらから↓↓
それでは!!


[PR]
by fsc_honten | 2018-09-08 14:18 | お知らせ | Comments(0)

リコスタコラム更新!!その19

みなさま、こんにちは。

恒例の子供靴ブランド「リコスタ」のコラムが更新されました!

今回のテーマは
「改めて問います。って、何でしょう?」

メインテーマは子供靴ですが、靴、そして足について様々な観点から綴られてきたこのコラム。
一度立ち止まり、原点を見直す今回のテーマです。

b0206384_14385006.jpg

靴とは何か?

コラムを読む前に今回のテーマへご自身の答えを考えてみてください。
その定義を考えると、おのずと靴の存在意義がみえてくるのではないでしょうか。
ファッションであったり、日用品であったり、ただ当たり前に使うものであったり。

その定義が定まれば、子供靴、しいては靴の理想とすべきところが見えてくるのではないでしょうか。


コラムはこちらから↓↓
それでは!!


[PR]
by fsc_honten | 2018-08-07 14:43 | お知らせ | Comments(0)

リコスタコラム更新!!その18

みなさま、こんにちは。

毎度恒例の子供靴ブランド「リコスタ」のコラムが更新されました!

b0206384_11584704.png
今回のテーマは
「二足歩行ロボットが教わった「歩くこと」の大切さ」。

日進月歩の機械工学ですが、AI(人工知能)だけでなくハードウェアの面でも著しい進化が日々話題に上がります。
靴業界でも、生産場面でアームロボットが動いていたり、3Dプリンターが活用されたりしているようです。


二足歩行ロボットの研究をされている大学教授にインタビューされた時の話が載っておりますが、人間の動きを機械化しようとすると自然と人間の形状に近づいていくというのです。


人間の体は洗練された絶妙なバランスの上に成り立っている、とても素晴らしいものなんですね。
気にせずに行っている動作ひとつでさえ、ロボットに再現させようとすると難しいそうです。


そして話は、疲れを知らない子どもの動きへと移ります。
子どもの筋肉は未発達で細いために、活発に動かせるのだそうです。活発に動いて、発達を促す。ますます人間の体ってすごいなあと思いますね!


子どもの元気に負けず、暑さにも負けず、歩きましょうね!

コラムはこちらから↓↓
それでは!!

[PR]
by fsc_honten | 2018-07-08 12:48 | お知らせ | Comments(0)

子供靴が入荷しました!

みなさま、こんにちは。

毎日暑いですね。
雨が降って涼しい日があったかと思いきや、猛暑の夏を思わせる日もあったり・・・。
体調管理に気をつけてくださいね。



ひさしぶりに子供靴が入荷しました。
リコスタの新作です。
b0206384_15044539.jpg
左から25-236/346(ピンク)
   25-230/350(赤)
   25-230/180(紺)   すべて¥16,800


NIPPYという木型で、普通幅です。
つま先とかかとの白がさわやかなデザインですね!
サイズはリコスタサイズの20~28インチ(日本の12.6~17.6センチくらい)を用意しています。
早いうちからお問い合わせやご注文いただいております。
ピンクが人気のようです。
赤は写真よりも落ち着いているので、男の子にも似合いそうですよ。
ぜひお試しください!


ご来店をお待ちしております!







[PR]
by fsc_honten | 2018-06-27 15:21 | ブランド紹介 | Comments(0)

リコスタコラム更新!!その17

みなさま、こんにちは。


リコスタコラムが更新されました。


今回は、相模原にあります『ワカヤマ』さんを訪問した話が載っています。

こちらのお店は、ドアを開けないと店内に入れず、ウィンドウから覗き見るしかない『クローズドスタイル』のお店です。
オープンスタイルに比べて入るのに勇気がいりますが、冷やかしではなく、かなり欲しいと思っている人が入ってくるというメリットがあります。

足の健康への関心が高まっていた1989年、整形外科の理論とノウハウを取り入れて作られたドイツ靴を扱い、中敷製作やケアもするクローズドスタイルのお店に改装したそうです。

お店はとてもアットホーム!
クローズドだと敷居が高いように思われがちですが、お客様の足&靴意識を育て、気軽に相談できる関係が築けるお店のようです。


『靴を買うことを通して、靴と足についての知識が蓄積され、靴の大切さを自然と意識できるようになる。』


当店もそんなお店になれるように努めていきたいと思います!


コラムはこちらから↓↓
それでは!!

[PR]
by fsc_honten | 2018-05-31 14:20 | お知らせ | Comments(0)

リコスタコラム更新!!その16

みなさま、こんにちは。

毎月末更新の子供靴ブランド「リコスタ」のコラムが更新されました!

b0206384_10470138.jpg

今回のテーマは
「ポダイアトリストについて思うこと」


ポダイアトリストとは、「足病医」いわゆる足専門のお医者さんのことです。
欧米の足医療について、著者の体験や、日本人でポダイアトリストとして活躍されている先生のお話を交えて書かれています。

リコスタの故郷であるドイツでは、足医療の専門家はポドローゲ、足治療に必要な靴やインソールを作る職人は整形靴マイスターといいます。



子供靴は大切

子供靴の土壌は、社会全体の足医療への関心がとても大きく関わってきます。
子供靴を選ぶのは大人です。
足医療という分野が根付いていくことで、子供の足の健康を気遣い、良い靴を履かせようという意識が自然に育つのだとあります。


とはいえ、ただでさえ難しい靴選び。
自分に合う靴を探すのも難しい!との声もよく聞きます。


まずは足をしっかり計測してから靴を選びましょう。
日本では、デザインを選んでからサイズを計ったりしますが、まったく逆ですね。


日本にも子供靴を専門に扱っている靴屋さんがありますが、そういったお店はフィッティングと靴の正しい履き方、子供の足の特徴など、非常にきめ細やかに説明してくださいます。


そうすることで、親御さんは今までの靴選びとの違いに驚かれることが多いようです。
でもこれが本来靴屋があるべき姿なのだと思います。


是非このコラムを読んでみてください。
本当に足に合った靴を探していますか?
足に合わない靴を見た目で選んでいませんか?
ご自身の足のこと、説明できますか?


ぜひご自身の足と向き合ってみて下さい。
新たな発見があるかもしれませんよ!

コラムはこちらから↓↓
それでは!!

[PR]
by fsc_honten | 2018-05-07 15:52 | お知らせ | Comments(0)

リコスタコラム更新!!その15

みなさんこんにちわ!!


は先週が見ごろという事もあって、今ではだいぶ散ってしまっていますが、それでもまだまだ綺麗ですよね!
気温が5月並みということもあり、この週末は家族でお出かけの方も多いのではないでしょうか!



お店は春物の靴を見に来店される方が増え、賑わいを見せております。
GWに向けてサンダル需要も高くなっているので、入荷が待ち遠しいです!



さて、毎月月末更新の子供靴ブランド「リコスタ」のコラムが更新されました!

b0206384_15582346.jpg
今回のテーマは
「店は、語るー靴は、足を計って合わせるものです」


著者が仕事でブラジルに赴いた時に立ち寄った子ども靴専門店のお話が書かれています。
この靴店は日本の様に店内にディスプレイとして飾られた靴は無く、ディスプレイ台も無い。


代わりにあるのは店内中央に背中合わせに並べられた椅子、その数なんと30脚!!



百貨店の靴売り場より数があるのではないでしょうか(笑)




先ずは足をしっかり計測してから靴を選ぶというお店のコンセプトからきているそう。



日本はまずデザインを選んでからサイズを計ったり足を計ったりしますが、全く逆ですね。



靴に足をあわせるのではなく、足に靴をあわせる。
または足に合った靴を選ぶというところでしょうか。



前者は見た目で靴を選んでいるイメージを受けますね。
これも日本と海外の靴文化の違いなのでしょう。




日本にも子供靴を専門に扱っている靴屋さんが何店舗かありますが、そういったお店はフィッティングと靴の正しい履き方、子供の足の特徴など、非常にきめ細やかに説明してくださいます。



そうすることで、親御さんは今までの靴選びとの違いに驚かれることが多いようです。
でもこれが本来靴屋があるべき姿なのだと思います。



足に合った靴がないという声を良く耳にしますが、一度是非このコラムを読んで見てください。
本当に足に合った靴を探していますか??


足に合わない靴を見た目で選んでいませんか?
ご自身の足のこと、説明できますか??



ぜひご自身の足と良く向き合ってみて下さい。
今まで気づかなかった発見があるかもしれませんよ!


コラムは下から!!↓
それでは!!

[PR]
by fsc_honten | 2018-03-31 16:15 | お知らせ | Comments(0)

リコスタコラム更新!!その14

みなさんこんにちわ!!



今日は日が出てあたたかいですね!
水曜日くらいからすこし天気が崩れるようですが、気温はかなり上がるようです。


天気予報によれば、3/1は19度になるとか。
19度まで行くと夏前くらいの気温ですから、そこでまた寒くなると体調を崩しそうなので気を付けなければですね。



先日は毎年恒例の東京マラソンが開催されていました!!
今年は天気があまり良くなかったせいか沿道の観客は少なく感じましたが、それでも大勢の方が応援に来ていました!


b0206384_17420828.jpg
b0206384_17420262.jpg
b0206384_17421476.jpg
寒さを感じさせない熱い走りでした!!
いつか自分も出場してみたいと思っています(笑)



さて、久しぶりにリコスタのコラムが更新されました!!



b0206384_14332720.jpg

今回のテーマは
「纏足が教えてくれる、子供の足の柔らかさ」




纏足(てんそく)というと、誰もが一度は学校の授業などで耳にしたことがあると思います。
1900年前半まで中国で行われていた、足を大きくならないようにする風習のことをいいます。


当時は女性は足が小さい方が美しいとされ、足が大きくなり始める前の3歳くらいから始めるそうです。
それより大きい段階で始めると少しずつ骨が形成されるため、理想の形にならないのと、本人も激しい痛みを伴うため3歳くらいで始めていたそうです。



今回のコラムで纏足の話を出した理由として、このくらいの年齢の時に間違った靴を履くと足の変形が進んでしまうという事を示すためと筆者は述べています。



それだけお子様の足は柔らかく、どんな形にもなってしまうという事ですね。


極端に大きい靴や小さい靴を履かせず、しっかり足のサイズを測り、そのときのサイズに合った靴を履かせてあげる事が大切になります。


そのことをコラムを通じて伝えていけたらと思います。


コラムはこちらから!!


それでは!!

[PR]
by fsc_honten | 2018-02-26 14:50 | お知らせ | Comments(0)

お子様の新学期準備に向けて

皆さんこんにちわ!!
久し振りのブログになってしまいました。



この間東京では平成始まって以来の寒波が押し寄せたり、4年振りに大雪が降ったり、さらには今日も朝から雪が降ったりと、久し振りに冬らしい気候となっているのではないでしょうか。


浅草本店でもセールが終わり、徐々に店内も春の装いの兆しが見え始めております。
来月からは続々新作が入荷してくる予定ですので、新作紹介も楽しみにしていてください!
少しだけ告知するならば、今年はサンダルはお勧めが多いですよ!!


この何ヶ月かで子供靴のお問合せが非常に増えてきているのですが、なかでもスクールシューズのお問い合わせが多いです。
新学期が近いという事もあるのでしょう。


当社取扱ブランド、リコスタでもスクールシューズはいくつかご用意しております!



b0206384_14522798.jpg
こちらは主に男の子がお履きになっています。
デザイン的には女の子が履いても全然大丈夫ですよ!
しっかり足にフィットさせて履かせたい場合には2本マジックは最適です!



特に小学生などまだまだ体が未発達の段階で、しっかり足にフィットした靴を履かせることは今後の足の成長にも大きく影響してきます。この時期に緩い靴や極端に柔らかすぎる靴をお履きになると、歩き方の癖やアーチの形成にも悪影響を及ぼす可能性があるので、しっかり足に合った靴を見つけてください(^^)



b0206384_14522188.jpg
こちらは女の子にピッタリのスクールシューズです!
足首に近い部分にマジックベルトがあるので、しっかり足にフィットさせることができます。
中敷きの花柄もかわいいですよね!良く見るとベルトの部分にハートをモチーフにした飾り穴があるのもポイントです!



どちらのタイプも大人が履く靴の様にかなり作りがしっかりしています。
踵のホールドに関係するカウンター芯、つま先の先芯もしっかりしており、靴自体がへたりにくいのも特徴です。
実際に大きいサイズまで展開していることもあり、大人の方でも履いている方がいるほどです。




子どもは足が大きくなるのも早いので、どうしても大きめのサイズを購入しがちですが、先のトラブルの事を考えると、この時期だからこそしっかり足に合った靴を履かせることが重要です。



大切なお子様だからこそ、大人以上に靴選びには時間をかけてあげて欲しいなと思います。




商品に関するお問い合わせ等ございましたら、お気軽に浅草本店までご連絡ください(^^)


それでは!!

[PR]
by fsc_honten | 2018-02-02 15:06 | 商品紹介(シュー) | Comments(0)


フスウントシューカルチャーは 東京浅草でヨーロッパの本格派コンフォートシューズをご紹介し、足と靴のトータルフットケアサービスを提供しております。


by fsc_honten

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

三越日本橋本店イベント情報!
at 2018-12-05 14:50
リコスタコラム更新!!その2..
at 2018-12-04 15:51
三越日本橋本店イベント情報!
at 2018-11-05 10:00
2018年秋冬新作入荷!③
at 2018-10-16 10:00
2018年秋冬新作入荷!②
at 2018-10-14 10:00

記事ランキング

カテゴリ

全体
ブランド紹介
商品紹介(フス)
商品紹介(シュー)
今日の出来事
お知らせ
ポイントカード会員様
その他の出来事
店紹介
イベント情報
未分類

画像一覧

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

フォロー中のブログ

オフィスFSIからのお知らせ

最新のコメント

本来でしたら、実際にお試..
by fsc_honten at 13:36
県外在住で伺うのは難しい..
by こあら at 18:37
コメントありがとうござい..
by fsc_honten at 19:04
靴のお取り寄せは可能でし..
by こあら at 17:49
さっそくのコメントありが..
by NABE at 19:42
初めまして。 東京旅..
by コロぽん at 13:03

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
こんこん靴市お疲れ様です。
from オフィスFSIからのお知らせ
新城孝道医師による足と靴..
from FSIビューローからのお知らせ
新城孝道先生による足と靴..
from FSIビューローからのお知らせ
セミナールームから見える..
from FSIビューローからのお知らせ
渋谷西武フットケアサロン..
from FSIビューローからのお知らせ

ブログジャンル

美容・健康
健康・医療

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン